全天候型対応施設 花と動物と人とのふれあい共生パーク 神戸どうぶつ王国

パークガイド

アジアの森

IMG_0161_R
IMG_249700_R
IMG_1747-2_R
5D4_4335
5D4_4328
_98A2192コピー_R
5D4_0955_R
5D4_0978_R
_98A2050 - コピー_R
_98A1911 - コピー_R

アジアの森

アジア圏に生息する動物たちの本来生活する環境のリアルな造形、本来の行動を限りなく引き出せるよう工夫を凝らしました。展示エリアから通路まで伸びた枯木の枝は、木登りの得意なレッサーパンダやビントロングたちが登るので、その行動を観察できるうえ、見上げれば頭上す ぐそこ間近に彼らの様子を見ることが出来る、そんな工夫がなされています。

自然の中にいるような感覚になるだけではなく、動物たちの野生味をより身近に感じることが出来る為に、通路と展示エリアの間には、ガラスや柵などの隔たりの替わりに水の流れる堀を設けることで、景観を損ねることなく動物たちをご覧いただける「ウォーターモート方式」を採用しています。

また、2020年3月20日に世界最古のネコと言われるマヌルネコがこのエリアに仲間入りしました。グループ園の那須どうぶつ王国で2019年に生まれ、数々のメディアをはじめ大人気を博したマヌルネコの「エル」と「アズ」をご覧いただくことができます。

まるでアジアジャングルの中にいるかのような雄大なアジアの森にお越しください。

ここで会える仲間

開催中のアトラクション・パフォーマンス