神戸旅行するなら定番コースに今、話題のスポットをプラスするのがおすすめ!神戸旅行するなら定番コースに今、話題のスポットをプラスするのがおすすめ!

異人館や旧居留地、日本三大中華街のひとつ南京町など、港町として独特の文化が残るまち・神戸。市内から電車で30分行けば、日本最古の温泉・有馬温泉もあります。見どころいっぱいだからこそ、しっかり計画を立てて、無駄なく観光したいですよね。また、せっかく旅行に行くなら、定番スポットだけでなく、話題のスポットも訪れたいもの。ここでは、神戸に行ったらぜひ立ち寄りたい話題のスポットと、1泊2日の神戸旅行のモデルコースをご紹介します。

今度の神戸旅行、こんなことはありませんか?

  • 1

    神戸空港発着だが、
    初日と最終日の空き時間を有効に使いたい

    旅行の際にいつも悩むのが、初日と最終日の空き時間。2~3時間程度で、遠出はできないけれど、だからと言って無駄にしたくない、ということはありませんか?そんなときは空港からのアクセスがよく、移動の途中に少し立ち寄ることができるスポットがあるとベストですよね。

    イメージ画像
  • 2

    二度目の神戸。定番スポットもいいが、
    話題のスポットも行きたい

    北野での異人館巡りや旧居留地でのショッピング、南京町での食べ歩きなど、やりたいことが盛りだくさんの観光地・神戸。それらの定番スポットは外せないけれど、以前の神戸旅行では訪れたことがない、地元で今話題のスポットも+αして、より思い出深い旅行にしたいものです。

    イメージ画像
  • 3

    せっかくの旅行なので、
    他ではできない思い出に残る体験がしたい

    そこでしかできないものを見たり、体験したりするのが旅の醍醐味。普段やらないようなことも、旅先ではチャレンジしたくなるから不思議ですよね。また、旅行中の写真を見て、思い出話で盛り上がるのも楽しみのひとつ。写真撮影におすすめなスポットも押さえておきたいところです。

    イメージ画像

神戸に行ったらぜひ立ち寄りたい
今話題のスポットとは

『神戸どうぶつ王国』がおすすめな理由

01カピバラやアルパカ、
レッサーパンダがすぐそこに!
とにかく動物が近い

イメージ画像

『神戸どうぶつ王国』の一番の人気の理由は、動物との距離が非常に近いこと。カピバラやレッサーパンダたちが、人間と同じ空間で餌を食べたりお昼寝したり。のびのびと暮らす様子を間近で観察することができます。直接触れ合い、餌をあげることができる動物の種類が多いのも特徴のひとつ。動物の生態を楽しみながら学ぶことができるイベントも必見です。

  • イメージ画像

    人気NO.1のバードパフォーマンスショー。オオフクロウやハヤブサなどが頭上スレスレを飛行する様子は、迫力満点

  • イメージ画像

    人懐っこいカピバラには好物の笹の葉をあげることができる(有料)。もくもくと笹の葉を頬張る姿から目が離せない

  • イメージ画像

    2つのコブを持つフタコブラクダに乗ることができるラクダライド(有料)。意外と高さがあり、スリリングな体験

02どこで撮ってもSNS映え!?
フォトジェニックなスポットがいっぱい

イメージ画像

『神戸どうぶつ王国』は撮影スポットが多数存在することも魅力。動物と接近した写真が撮れるのはもちろんですが、およそ1000鉢もの色鮮やかな花々がシャワーのように天井から吊るされた「フラワーシャワー」では、どの場所で撮影しても幻想的な写真が撮れると人気です。100種類ほどのスイレンが咲く「ウォーターリリーズ」も人気の撮影スポットです。

  • イメージ画像

    動物たちに餌をあげる瞬間は、絶好のシャッターチャンス!アザラシおやつタイム(有料)は人気メニューのひとつ

  • イメージ画像

    王国内には「恋人の聖地」サテライトに認定されている場所も。ハート形の鍵をかければ、幸運が訪れると言われる

  • イメージ画像

    アフリカの湿地やアジアの森など、自然な生態系に近づけるため、エリアによって全く雰囲気が異なるのも魅力

03神戸空港・三宮駅から近く、
隙間時間に楽しめる

イメージ画像

『神戸どうぶつ王国』のあるポートライナーの京コンピュータ前駅までは、神戸空港からは約5分、三宮駅からは約15分とアクセス良好です。旅行の初日や最終日の2~3時間の隙間時間を利用して楽しむことができます。

04全天候型施設なので、
天気が悪い日でも大丈夫

イメージ画像

屋外の展示もありますが、屋内展示が充実している全天候型施設の『神戸どうぶつ王国』。雨や寒い日はもちろん、暑すぎる日も快適な屋内空間で過ごすことができます。駅から1分とほぼ外に出なくていいのも嬉しいポイント。

『神戸どうぶつ王国』とセットで楽しむ 1泊2日神戸観光モデルコース

イメージ画像

子供と楽しむ
神戸1泊2日モデルコース

六甲山から有馬温泉へ!
大自然と歴史ある温泉を楽しむ2日間

  • 10時
    イメージ画像

    まずは、空港から六甲山の麓へ。ケーブルカーで山上を目指す

    甲山の玄関口として、六甲ケーブル下駅から六甲山上駅までの約1.7km、高低差493.3mを約10分間で結びます。車両は、「クラシックタイプ」と「レトロタイプ」の2編成。世界でも珍しい山上側の箱形車と山下側の展望車の2両連結で運転しています。

  • 11時
    イメージ画像

    日本有数の眺望スポット!展望台からの大パノラマに感動

    六甲山のランドマーク『自然体感展望台 六甲枝垂れ』で、明石海峡から大阪平野、関西国際空港まで広がる大パノラマを楽しみましょう。総檜葺きの展望台には、四季折々の自然を体感できる設備が完備されており新しいスタイルの展望台として注目されています。

  • 12時
    イメージ画像

    山上を吹く心地よい風と眺めを楽しみながらランチタイム

    山上エリアには、創作料理、ジンギスカン、おしゃれなカフェなど幅広いジャンルのお店が揃います。カジュアルなセミセルフ形式のレストランは、賑やかなファミリーにもおすすめ。テラスからの眺望を楽しみながら家族でランチタイムを満喫しては。

  • 13時
    イメージ画像

    大自然に囲まれたフィールドアスレチックで思い切り遊ぼう!

    『六甲山フィールドアスレチック』は、自然豊かなフィールドを活かした全長1kmに及ぶアスレチックコース。丸太やロープで作られた全40ポイントの木製遊具はスリル満点。年齢や体力に合わせて楽しめるので、家族みんなで冒険を楽しみましょう!

  • 15時
    イメージ画像

    オルゴールミュージアムでは、親子でオルゴール作りを体験

    オルゴールの組立体験もおすすめです。『六甲オルゴールミュージアム』では、知識を学びながら自分だけのオルゴールを完成させることができます。親子での参加もできるので小さなお子さんも安心。自動演奏楽器のコンサートも開催されています。

  • 17時
    イメージ画像

    ケーブルカーで約12分で有馬温泉へ。街中の足湯でほっこり

    有馬温泉に着いたら、無料の足湯でリフレッシュ。街中に公共の外湯もあり、赤茶色の『金泉』、無色透明の『銀泉』のそれぞれ異なる泉質を楽しめるのも有馬温泉の醍醐味です。夕方の散策がてら、外湯めぐりを楽しんでみてはいかがでしょうか。

  • 18時
    イメージ画像

    宿に着いて家族でのんびり。日本最古の温泉を満喫しよう

    日本三名泉のひとつ、有馬温泉は日本最古の温泉ともいわれ、豊臣秀吉も入湯したことで有名です。 古からの時の流れに思いを巡らせながら、ゆっくりと湯につかって1日の疲れを癒しては。世界的にも珍しい多くの成分が混合した温泉なので様々な効能も。

  • 9時
    イメージ画像

    朝の散歩がてら、湧き出る『7つの泉源めぐり』を楽しもう

    有馬温泉街には7つの泉源が存在しており、その全てを歩いて見てまわることができます。朝の散歩がてら泉源を巡ってみるのはいかがでしょうか?観光総合案内所でウォーキングマップをもらえるので、街の散策も兼ねて効率的にまわることができます。

  • 10時
    イメージ画像

    大人も子供も楽しめる『有馬玩具博物館』に行ってみよう!

    「見る・聞く・遊ぶ・作る」の4つをテーマに世界中のおもちゃを収集・展示する博物館。
    からくり人形や鉄道ジオラマ、ブリキ・木製玩具など、子供だけでなく大人も楽しめるコレクションが充実。毎日開催されるの工作教室もあるので参加してみては。

  • 12時
    イメージ画像

    ポートアイランドの注目スポット『神戸どうぶつ王国』へ

    後は『神戸どうぶつ王国』へ。熱帯性のスイレンや、ベゴニアなどのハンギングフラワーに囲まれて楽しいランチタイム。バイキングや動物たちをモチーフにしたオリジナルメニューも充実!空港が近いので、移動の時間を気にせず楽しめるのも嬉しいポイントです。

  • 13時
    イメージ画像

    カピバラやアルパカなど、可愛い動物たちとのふれあい体験を

    ユーモラスな姿が人気の癒し系カピバラ。『熱帯の森』では、直接餌やりをすることもできます。目の前で好物の笹の葉を食べる姿に子供たちも大喜び!ふかふかの毛並と大きな瞳が可愛いアルパカにおやつをあげることも。動物たちとのふれあいを楽しんで。

  • 14時
    イメージ画像

    王国イチオシ!迫力の『バードパフォーマンスショー 』に感動

    ここで見逃せないのが『バードパフォーマンスショー』。100種類近くのスイレンが咲く美しいステージで繰り広げられる鳥たちの優雅なフライトは必見です。ショーの後には、フクロウを腕に乗せて写真も撮れるので、家族旅行の思い出にぜひ撮影してみては。

  • 16時
    イメージ画像

    最後に動物たちのオリジナルグッズをおみやげにチョイス!

    園内のショップには、ハシビロコウやレッサーパンダなど王国の可愛い仲間たちのぬいぐるみやお菓子などの様々なグッズが揃います。旅の最後にここでお土産を選べば、旅行中の移動も身軽でスムーズ。カフェでゆっくりお茶をして飛行機の待つ空港へ。

ルートMAP

ルート

子供と楽しむ!

イメージ画像

大人が楽しむ
神戸1泊2日モデルコース

六甲山から有馬温泉へ!
大自然と歴史ある温泉を楽しむ2日間

  • 10時
    イメージ画像

    まずは三宮へ。人気のパワースポット縁結びの『生田神社』

    生田神社のご祭神は神服を織る神様。糸と糸を織りなす=人と人の縁を結ぶということで『御縁結びのいくたさん』の愛称でも親しまれています。こちらには『水みくじ』という珍しいおみくじもあり、境内の森にある泉に浸して浮かんだ文字で占うことができます。

  • 12時
    イメージ画像

    一路、有馬温泉へ。古き良き伝統と新しい魅力に満ちた街歩き

    賑やかな三宮から電車でわずか30分ほどで風情あふれる有馬温泉に到着。こじんまりとした温泉街は散策しやすく、老舗のお店はもちろん、女性好みの可愛いお店やカフェも揃います。日帰りでも十分楽しめるので、神戸旅行の際はぜひ足を運びたいスポットです。

  • 14時
    イメージ画像

    『外湯めぐり』で日本三名泉を満喫!気軽に楽しめるのが嬉しい

    有馬温泉には、泉質の異なる『金泉』『銀泉』の2種類の温泉があります。日帰り温泉で入り比べる外湯めぐりもおすすめ。公共の外湯や手ぶらでもOKなクアテーマパークもあるので気軽に楽しむことができます。街歩きの途中には、無料の足湯でひと休みも。

  • 16時
    イメージ画像

    お風呂上がりにご当地スイーツでちょっとひと息

    歴史と新しさが共存する街を散策していると、気になるお店があちこちに。六甲山麓の酪農家限定の濃厚な牛乳を使った手作りジェラートや、ご当地の『ありまサイダー』など、ここならではのスイーツを見つけるのも楽しみのひとつ。定番の炭酸せんべいや湯饅頭も外せません。

  • 17時
    イメージ画像

    その土地ならではの特別な一品を家族や自分への贈り物に

    旅は、普段出会うことのないその土地の歴史に触れる貴重な機会でもあります。発祥は安土桃山時代と伝えられる兵庫県の伝統的工芸品『有馬籠』。伝統的な竹細工の花器から現代のライフスタイルにも合ったカトラリーやバッグなどもあるので、お気に入りを探してみては。

  • 18時
    イメージ画像

    市内のホテルに荷物を置いて、南京町で欲張りディナー

    日本三大中華街の一つである『南京町』には、約100店舗もの中華料理店が集まっています。老舗の豚まんや、行列の絶えない小籠包店など美味しいものが盛りだくさん。天心やスイーツの食べ歩きで、色々なお店の名物料理を味わうことができるのもポイント!

  • 20時
    イメージ画像

    初日のラストは、日本三大夜景の絶景を見に『掬星台』へ

    『摩耶山』の掬星台(きくせいだい)は、日本三大夜景のひとつに数えられる関西ナンバー1の夜景スポット。「手で星が掬える」ほど標高が高いというのが名前の由来に。神戸から大阪市街、関西空港までもを一望できるスケールの大きな夜景は圧巻です。

  • 9時
    イメージ画像

    午前中は、情緒ある街並みの『神戸北野異人館街』を散策

    北野異人館には国指定重要文化があり、その中でもシンボル的存在なのが『風見鶏の館』。レンガ造りの重厚な外観は異人館街でここだけ。館内はドイツの伝統様式を中心に中世城館風のデザインも取り入れられています。『うろこの家』『萌黄の館』と合わせて巡りましょう。

  • 11時30分
    イメージ画像

    『旧居留地』で美しい街並みを眺めながら優雅なランチタイム

    明治時代に貿易で日本に訪れていた外国人が暮らした「旧居留地」。その街並みからは「東洋一美しい」と言われていた当時の面影を今も感じることができます。オープンカフェで美しい街並みを眺めながら、ランチやティータイムを楽しんではいかがでしょうか。

  • 13時
    イメージ画像

    ベイエリアの定番スポット!『メリケンパーク』で記念写真を

    ポートタワー、海洋博物館、ホテルオークラの3施設が揃う神戸観光の定番スポット。神戸のランドマークにもなっているこれらの建物をバックに写真を撮れば、SNS映えする旅行スナップもバッチリ。海辺の心地よい潮風を感じながら散歩を楽しんで。

  • 14時
    イメージ画像

    フライトまでの時間、注目のスポット『神戸どうぶつ王国』

    空港近く、ポートアイランドにあるテーマパーク『神戸どうぶつ王国』。間近で鳥や動物たちとのふれあいを楽しむことができ、子供だけでなく大人も楽しめると人気の注目スポット。全天候型の園内には、美しい花々の大パノラマが広がり写真映えも間違いなし。

  • 14時30分
    イメージ画像

    可愛いアルパカとのふれあい&おやつタイムで癒されよう

    ここではアルパカたちにふれて、おやつをあげることもできます。ふかふかの毛並と大きな可愛い瞳に癒されるひととき。カピバラやアルマジロなど珍しい動物たちにふれることもできるので、ぜひ園内を散策していろいろな動物とのふれあいを楽しみましょう。

  • 16時
    イメージ画像

    王国イチオシ『バードパフォーマンスショー』も見逃せない!

    美しいスイレン池をステージに繰り広げられる迫力と感動のバードパフォーマンスショー。数種類の鳥たちがダイナミックなフライトで観客を魅了します。他にも、レッサーパンダやワオキツネザルのパフォーマンスなどここならではのイベントも盛りだくさん!

  • 17時
    イメージ画像

    SNS映え?! ユニークなカフェでお茶をしてのんびり空港へ

    園内にある『アルパカフェ』では、人気の『ハシビロコーヒー』をはじめ、ワオキツネザルの尻尾をイメージした『ワオワオロール』などの動物たちをモチーフにしたユニークなアニマルフードをオーダーできます。帰路につくまでの時間をゆったり楽しんで。

ルートMAP

ルート

大人が楽しむ!

営業時間

営業時間

平日  10:00〜17:00(入国締切 16:30)
土日祝 10:00〜17:30(入国締切 17:00)

休園日
木曜日

※祝日、春休み、GW、夏休み、年末年始は営業します。

入場料金

営業時間

大人(中学生以上)  1,800円
小学生  1,000円
4歳、5歳 300円
シルバー(65歳以上)  1,300円

※シルバーの方は年齢が証明できるもの(運転免許証など)のご提示を願います。
※障がい者手帳をお持ちのご本人様と介護者1名様は入園料が半額になります。

アクセス

神戸どうぶつ王国への地図
鉄道利用

三宮駅よりポートライナー空港方面に乗車し、14分
「京コンピュータ前(神戸どうぶつ王国)」駅下車すぐ

鉄道+タクシー利用

各線三宮駅からタクシー約14分
JR新神戸駅からタクシー約20分

自動車利用

A  阪神高速3号線「京橋」「生田川」インターからポートアイランド、神戸空港方面へ。
B  阪神高速5号湾岸線からは、ハーバーハイウェイでポートアイランド、神戸空港方面へ。

★ポートアイランドの南端「京コンピュータ前(神戸どうぶつ王国)」駅横にあります。
空港大橋2ツ手前の交差点を右折すると300mで入り口です。

駐車料金 普通車(1,000台)500円 バス(35台)2,000円

ベイシャトル(高速線)利用

関西国際空港から神戸空港経由で約43分

★ベイシャトルとのお得なセット券もあり。

ページトップ