全天候型対応施設 花と動物と人とのふれあい共生パーク 神戸どうぶつ王国

おしらせ

サーバルの赤ちゃん生まれました!公開をおたのしみに!

サーバルの赤ちゃん生まれました!公開をおたのしみに!

サーバルの赤ちゃん生まれました!公開をおたのしみに!

2021年5月9日に、双子のサーバルの赤ちゃんが生まれました。

当園では2015年から飼育、6年目にして初めての繁殖です。赤ちゃんたちは外の世界にも興味を持ち始め、順調に成長しています。

公開日は未定ですが、微笑ましい親子の姿を楽しみにしていただければと思います!

※動物の体調により、やむを得ず予告なく内容が変更・中止になる場合がございます。予めご了承ください。


《サーバル赤ちゃん情報》


出生日:2021年5月9日
性 別:メス1頭(画像左)オス1頭(画像右) ※名前は未だついていません。
両 親:ふく(父)、はる(母)

 

《サーバル赤ちゃん成長記録》

☆最初の体重測定

最初の体重測定は、5月12日(生後3日)。メスが279g、オスが232gでした。

  • ☆外の世界に興味を持つ

5月28日(生後19日)頃から巣箱の外へ出るようになりました。今では以前より動きもしっかりしてきて、2頭でじゃれ合う姿や、親の後を付いて回る姿が見られる様になりました。

  • ☆サーバルの特徴、「耳が立つ」

サーバルの特徴は、なんといってもピンと立った凛々しい耳。
生まれた時は寝ていた耳も、5月30日(生後21日)
頃から立ちはじめ、小さな耳ではありますが、サーバルらしい立派な耳になりました。

☆はじめて展示場へ

展示場に慣れるため、6月16日(生後38日)に母親のハルと一緒にサーバルの展示場にはじめて出ました。
広い展示場に興味津々で、丸太に乗ったり、時折、外の様子を見ていました。


《サーバルとは》

英名:Serval
学名:Leptailurus serval
分類:食肉目 ネコ科
体長:70~100cm
体重:約9~18kg
食性:鳥、ネズミなど
分布:サハラ砂漠以南のアフリカ
説明:鳥を捕まえるために、2~3mの高さまで跳ぶことが出来る。またネコ科動物では珍しく、穴を掘って地中にいるネズミなどを捕まえる。