全天候型対応施設 花と動物と人とのふれあい共生パーク 神戸どうぶつ王国

ピックアップ

昨年7月に続き、今年もシマスカンクの可愛い赤ちゃんが生まれました! 5月6日生まれの双子の兄妹です。強烈な悪臭のする分泌液を噴出し、外敵を撃退することで知られているスカンクですが、現在、日本動物園水族館協会加盟園館で見ることが出来るのは長崎バイオパークと当園の2園館だけ、しかも赤ちゃんに会えるのは神戸どうぶつ王国だけです。人工保育で育て、ミルクや離乳食を食べて順調に成長し、このたび7月14日(土)に公開することになりました! 今しか見れないこの可愛い姿をぜひご覧ください!

シマスカンク赤ちゃん公開情報
【公開日】7月14日(土)の開園~
【公開場所】「ロッキーバレー」シマスカンク展示場横

シマスカンク赤ちゃん情報
【誕生日】2018年5月6日
【サイズ】
オス:人工保育当初)23g、約5cm 現在)685g、25cm
メス:人工保育当初)23g、約5cm 現在)695g、24cm

◆シマスカンクとは?
・学名:Mephitis mephitis
・体長:25~40cm ・体重:1~3㎏
・分布:北アメリカ
・説明:肛門の周辺に臭腺があり、敵に襲われると強烈な悪臭の分泌液を2~7m飛ばす。クーガーなど大型動物からも身を守る。白と黒の体色は警戒色であるといわれている。

※動物の体調などにより、予告なく内容が変更になる場合がございます。