全天候型対応施設 花と動物と人とのふれあい共生パーク 神戸どうぶつ王国

ピックアップ

ミナミコアリクイの赤ちゃんを7月20日(土)から公開します!
2019年5月21日生まれの元気な赤ちゃんです。エリア「熱帯の森」にある、地上約2メートルに吊られた渡り木を、親子で移動する姿を間近でご覧いただけます。

当面の公開時間は、毎日①10:30~12:00、②14:00~15:00の2回のみとなっています。

ぜひ、この時だけの愛らしい親子の姿をご覧ください!

※個体の状態により、公開時間の変更や中止になる場合がございます。予めご了承ください。

    

■ミナミコアリクイとは・・・
英名:Southern Tamandua
学名:Tamandua tetradactyla
分類:有毛目 アリクイ科
体長:約35~90cm
体重:1.5~8.5kg
食性:シロアリなど
分布:南アメリカ北部

半樹上性で長くて丈夫な尾を上手に使って木登りする。大きな爪は蟻塚を壊す事や、強力な武器としても使われる。一度の出産で一頭産み、子どもはしばらく親の背中に乗って育てられおよそ一年で成熟する。