全天候型対応施設 花と動物と人とのふれあい共生パーク 神戸どうぶつ王国

ピックアップ

エデュテイメントイベント「カバカバトーク」開催中!

コビトカバの給餌の様子をご覧いただけるエデュテイメントイベント「カバカバトーク」が2019年8月9日(金)からスタートしました!

このイベントは、学ぶ「エデュケーション(education)」と、楽しむ「エンターテインメント(entertainment)」とが融合した「エデュテイメント(edutainment)」性にあふれた内容です。ワクワクドキドキ、展示場の壁にあけられた給餌口から、コビトカバが顔を出し、大きな口を開け、餌を食べる迫力ある姿を間近でご覧いただけます。さらに、スタッフの解説を通じて、 絶滅危惧種であるコビトカバの体の仕組みや野生での現状などの解説を行いより興味を持っていただける内容になっています。皆さんにも動物たちをも守るにはどうすればいいんだろう?そんなことを考えてもらえるきっかけになればと思っています。学びながら楽しめる新イベント「カバカバトーク」を、ぜひお楽しみください!

   

【時 間】①11:15~ ②15:30~ 
【場 所】アフリカの湿地(フラワーシャワー側) コビトカバ展示場
【費 用】観覧無料
※個体の状態により、イベント時間の変更・中止になる場合がございます。予めご了承ください。


■コビトカバとは・・・
英名:Pygmy hippopotamus
学名:Choeropsis liberieensis
分類:偶蹄目 カバ科
体長:150~170cm
体重: 160~240kg
食性: 草、葉、果実
分布:リベリア、コートジボワール、シエラレオネ、ギニア
説明:ジャイアントパンダ、オカピとともに「世界三大珍獣」に含まれており、カバの祖先の体型を残している。体毛がなく、皮膚が乾燥や紫外線に弱いため、保湿効果や日焼け止めの役割を果たす赤い分泌物を出して皮膚を守る。食用のための狩猟や生息地の減少、水質汚染により数が減っており絶滅危惧種に指定されている。