全天候型対応施設 花と動物と人とのふれあい共生パーク 神戸どうぶつ王国

ピックアップ

 3/4(金)から “砂漠の妖精”グンディ 公開中!(3/17更新)

新しい仲間『グンディ』を2022年3月4日(金)から、公開中です。

グンディは砂漠の岩場に生息する、ネズミの中でも原始的なげっ歯類の動物です。体長20cm、体重約300gと小さな体をしており、その可愛らしい姿から“砂漠の妖精”と呼ばれています。

また、グンディは大変珍しく、世界ではヨーロッパの一部と、日本でも2園でしか飼育されておらず、西日本では初登場(※)です。

“砂漠の妖精”グンディたちの可愛い姿をぜひ、ご覧ください♪

※日本動物園水族館協会加盟園館


■公開概要
【公開日】2022年3月4日(金)~
【時 間】開園~閉園まで
【場 所】コンタクトアニマルズ  グンディ展示場
※動物の体調などにより、内容が変更・中止になる場合がございます。予めご了承ください。


■グンディとは 


英名:Common gundi
学名:Ctenodactylus gundi
分類:げっ歯目 グンディ科
体長:約20㎝
体重:約300g
食性:植物の葉、花、茎、果実、種子など
分布:モロッコ東南部、アルジェリア北部、チュニジア、リビアの砂漠にある岩場
説明:社会性があり群れで生活をしており、重なりあったり、キスをするようなしぐさなど仲間とのコミュニケーションをとる姿が可愛いと SNS でも話題になっています。鋭い爪は岩を登るときに役立ち、後肢の内側に生えている硬い毛をくしのように使い毛づくろいをするのだとか。