全天候型対応施設 花と動物と人とのふれあい共生パーク 神戸どうぶつ王国

ピックアップ

日本最大のコツメカワウソの公開施設「オッターサンクチュアリ ~コツメカワウソ生態園~」

2023年12月20日㈬は、補修工事のためオッターサンクチュアリ~コツメカワウソ生態園~を終日閉鎖させていただきます。

それに伴い、イベント「オッタートーク」も休止させていただきます。

ご迷惑をおかけいたしますが、皆様のご理解とご協力のほどお願い申し上げます。

「オッターサンクチュアリ~ コツメカワウソ生態園~」がエンリッチメント大賞 2023 “環境再現賞”を受賞

「オッターサンクチュアリ~ コツメカワウソ生態園~」が市民 ZOOネットワークが主催する「エンリッチメント大賞 2023」で“環境再現賞”を受賞しました。詳しくはこちら

2022年夏、神戸どうぶつ王国に東南アジアの湿地帯をイメージした新エリア「オッターサンクチュアリ ~コツメカワウソ生態園~」が登場しました!

コツメカワウソの公開施設としては、国内最大の面積を誇ります。豊かな木々に囲まれ、広大な池には滝が流れ込み、まるで彼らの生息地に迷い込んだようなエリアです。

エリアを取り囲む様に設置された、キャノピーウォークで回遊していただけます。この場所で、野性味溢れるカワウソたちに、きっと出会えるはずです。

「オッターサンクチュアリ ~コツメカワウソ生態園~」に是非お越しください!

■コツメカワウソとは

英名:Oriental Small-clawed Otter
学名:Aonyx cinereus
分類:食肉目イタチ科
食性:魚、甲殻類、小さな水生動物など
分布:南アジアから東南アジア
説明:四肢には名前の由来にもなった小さな爪がある。泳ぐときには長い尾で舵取りをする。前足は器用で餌を両手で掴んで口に運び、蟹や貝類を噛み砕けるような歯を持つ。密輸や乱獲、森林や河川の減少によってその生息数は減少しており、IUCN(国際自然保護連合)のレッドリストで「危急種(VU)」に指定されている。

■クラウドファンディングにより実現しました
なお、当展示場はクラウドファンディング「花と動物と人との懸け橋PJ セカンドチャレンジ」のご支援により実現しました。ご支援いただきました皆様には心より感謝申し上げます。