全天候型対応施設 花と動物と人とのふれあい共生パーク 神戸どうぶつ王国

ピックアップ

コツメカワウソの赤ちゃんが生まれました!(11/25更新)

■11/26(土)~カワウソの赤ちゃんと一部のカワウソ展示休止のお知らせ
10/29にカワウソ赤ちゃんが生まれました。部屋の中で子育てしているため、11/26㈯~当面の間、赤ちゃんと一部のカワウソはご覧いただけません。

恐れ入りますが、ご理解賜りますようお願い申し上げます。
また展示再開の際は、当ページでお知らせいたします。

2022年10月29日にコツメカワウソの赤ちゃんが生まれました!
当園ではコツメカワウソの繁殖は初めてとなります。

  
コツメカワウソは群れで生活する習性を持っており、赤ちゃんを母親だけでなく兄弟も一緒に子育てをしています。

現在、新エリア「オッターサンクチュアリ ~コツメカワウソ生態園~」展示場内に置かれた巣箱に入っており、赤ちゃんの様子を見ることはできませんが、12月頃には、赤ちゃんの姿や子育ての様子をご覧いただけると思いますので、どうぞ温かく見守っていただければと思います。


また、今後の様子などは、ホームページやSNSでお知らせしますので、楽しみにしてください!

 

■コツメカワウソの赤ちゃんについて

【出生時】2022年10月29日
【性 別】不明
【両 親】ユウヒ(父)、イチカ(母)

 

■コツメカワウソとは

英名:Oriental Small-clawed Otter
学名:Aonyx cinereus
分類:食肉目イタチ科
食性:魚、甲殻類、小さな水生動物など
分布:南アジアから東南アジア
説明:四肢には名前の由来にもなった小さな爪がある。泳ぐときには長い尾で舵取りをする。前足は器用で餌を両手で掴んで口に運び、蟹や貝類を噛み砕けるような歯を持つ。密輸や乱獲、森林や河川の減少によってその生息数は減少しており、IUCN(国際自然保護連合)のレッドリストで「危急種(VU)」に指定されている。