全天候型対応施設 花と動物と人とのふれあい共生パーク 神戸どうぶつ王国

4/28(金) 新エリア「ロッキーバレー」の”ビーバークリーク”コーナー先行公開!


2017年夏にオープン予定の新エリア「ロッキーバレー ~北アメリカの動物たち~」の公開を目指して現在建設中です。その名の通り北アメリカの動物たちを間近に御覧いただけるエリアで「クーガーウォーク」と「ビーバークリーク」という2つのコーナーに分かれています。この度「ビーバークリーク」コーナーについて公開の準備が整いましたので、2017年4月28日に先行公開します!このコーナーにいる動物たちを紹介します。

■アメリカビーバー

このコーナーの主役はなんといってもアメリカビーバーです。昨年5月3日生まれの三つ子たちと父母の5頭家族です。アメリカビーバーは北米大陸の水辺に生息。オールのような尻尾や水かきの有る足を使って器用に泳ぎ、川に木や泥を使ってダムを作って住みかを作り家族で生活します。当園の新展示場は約20mのオーバルになった水槽でビーバーたちは行き止まることなく泳ぐことが出来ます。また、景観造形にこだわった展示場内には、陸地もあり親子で仲睦まじい姿をご覧いただけます。

■シマスカンク

肛門腺から強烈な悪臭のする分泌液を噴出し、外敵を撃退することで知られているスカンク。実は国内ではなかなか見ることができません。ぜひ、可愛らしい本物のスカンクに会いに来てください!

■クビワペッカリー

南北アメリカ大陸に住むイノシシに似た草食性の哺乳類。体が黒色で、方から首にかけて白色か黄褐色の帯があり、これが首輪に見えることからこの名がつきました。現在、関西の動物園では飼育されていません。ぜひご覧ください。

ひと足先に、新エリア「ロッキーバレー」の”ビーバークリーク”コーナーをご覧ください!
【公開日時】2017年4月28日 10時通常開園時間より公開開始
【場  所】ロッキーバレー ビーバークリークコーナー(旧アニマルプロムナード)
【展示動物】アメリカビーバー、シマスカンク、クビワペッカリー